忍者ブログ
  • 2020.05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2020.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/06/06 20:02 】 |
第44回アルゼンチン共和国杯G2(ハズレ)

【ヨソウ】

ハンデ重賞です。個人的には大好きです。ハンデ戦が。
それはなぜか?馬券が荒れそうな気がして、穴党としての血がうずくからです。
当たる当たらないは別として。

アルゼンチン共和国杯は荒れるレースとして有名です。
過去10年の傾向として
1番人気馬は〈1207〉、ハンデ頭は連対1回だけ、逃げ馬は〈0028〉

ここらが腕の見せ所

◎はドラゴンキャプテン。500万下1000万下と連勝中。実績から言えば、人気所とは比べものになりません。ただ魅力は51キロの斤量。競馬に「たら…れば…」はないといいますが、もし準オープンを勝っていたら、54キロ程度ではなかったか?一段階アップの挑戦でいきなりの可能性が大きな斤量だと思います。

○にアイポッパー。人気です。今これを書いている時点で小差の2番人気。でも、ハンデ頭である点が気になりますが、このメンバーならと思わせる58キロです。単勝オッズが5倍台というのも、実績から考えると穴党の私でも美味しいと思ってしまいます。

▲にメジロトンキニーズ。休養あけではありますが、出走馬中唯一の牝馬。なぜここを狙ってきたかと言えば、長距離を得意としていて牝馬路線では出るレースが限られる。だから斤量的に恵まれるであろうこのレースで一発を狙ってきているような気がします。鞍上が吉田豊なら買いませんでしたが、郷原に乗り替わりより一発の可能性が感じられます。

☆(穴)でアドバンテージ。こちらも1000万特別を勝ち上がったばかり。そのため本命にしたドラゴンキャプテン同様、2~3キロ軽くなっています。鞍上も川島君。1年目の実績から今年はもっと伸びると思っていましたが、少し伸び悩み気味です。その点が関東圏での人気をより低くしてくれそうで、穴党にはうれしい限りです。

馬連&3連複BOX各100円。

当たりますように…(祈)

【馬券の真実】

トウショウナイトは人気していただけに最後に切りました。同じく人気のアイポッパーを買っているだけに仕方がない。でも、ドラゴンキャプテンが追い込んできてくれただけに少し後悔が残ります。逃げたアドバンテージはもう少し見所があるかと思いましたが、川島君は伸び悩んでいるようですね。もう少し思いきりのいい騎乗を期待します。

PR
【2006/11/05 10:36 】 | 馬券の真実(予想&回顧) | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<第11回ファンタジーステークスG3(ハズレ) | ホーム | 的中日記 2006/10/29>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]